お知らせ

No Image

死亡野鳥(オオハクチョウ)の鳥インフルエンザウイルス検査の結果について(市内今季2例目)

令和3年2月14日、那須塩原市内で回収され、簡易検査で陰性が確認されていたオオハクチョウ1羽について、A型鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応が確認されました。

なお、現時点では、遺伝子検査により陽性が確認された段階であるため、病性は未確定であり、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたわけではありません。確定検査の結果(判明まで1週間程度かかる見込み)、陰性となることもあります。

ウイルスを拡散させないため、次のとおりご協力をお願いいたします。

1 死亡野鳥又は衰弱した野鳥を発見時の連絡
 死亡野鳥又は衰弱した野鳥を発見した場合は、素手で触らず、市環境課(TEL0287-62-7141)又は県北環境森林事務所(TEL0287-23-6363)にご連絡ください。

※鳥インフルエンザウイルスは感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
那須塩原市みるメール

メールの返信は受け付けておりません
那須塩原市役所
環境課
−−−−−−−−−−−−−−−−−

  • 登録日 : 2021/02/19
  • 掲載日 : 2021/02/19
  • 変更日 : 2021/02/19
  • 総閲覧数 : 40 人